トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご挨拶

紛争は起こさない、巻き込まれないのが一番です。 法律講座広島20150315-212x300 それでも、もし不幸にして紛争に直面することになった場合は、抱え込まずに、 まずは一度ご相談ください。 一人で悩む必要はありません。   【代表弁護士  山田太郎】  

 予防法務のススメ

当事務所は、紛争の「事後対処から事前予防への転換」を目指し、単なる法律的なご助言に留まらない、経営的視点からのご助言をモットーにしています。

紛争は生じないようにすることがベストです。

紛争が生じてしまった場合、紛争に巻き込まれてしまった場合、当事者の方には金銭的、時間的、精神的な有形無形の損失が生じてしまっています。

紛争を予防するためには、企業においては契約管理や労務管理、顧客管理、財務改善が重要ですし、個人の方であれば適切な契約書作成、財産管理、遺言書作成が重要です。

当事務所の代表弁護士は、これらの予防法務業務に特に力を入れており、数多くの紛争解決の経験に裏打ちされた紛争予防のためのノウハウを有しています。

予防法務という考え方は、企業法務において重視され始めてきているところです(とは言え、残念ながら事後解決型の法務で手いっぱいとなっている企業様が多いのが悲しい現実です)が、当事務所は、個人の依頼者様におかれてもできる限り、予防法務で対応したいと考えます。

法律とはあまり縁のない生活をしている個人の皆様にとって、法律トラブルに巻き込まれることは何よりもストレスでしょう。できるだけそのような状況になる前に対処したいのです。