元広島東洋カープの名キャッチャー水沼四郎(みずぬましろう)のお店。奥様の手作り料理がおいしい!プロ野球から引退後は、東広島市でお好み焼き店「しろう」を経営。昨年広島市にそのロケーションを移してからは、鉄板焼きラウンジ「しろう」を経営していた。講演会・野球教室でも活躍されています。(登録)学生野球指導者資格 / システムブレーン講師 / 株式会社パワービーンズ 医者もあきらめかけていた脳梗塞を見事に克服! ~一つのことを続けること、極めることの素晴らしさ~

「江夏の21球」(えなつのにじゅういっきゅう)とは?

  • HOME »
  • 「江夏の21球」(えなつのにじゅういっきゅう)とは?

「江夏の21球」(えなつのにじゅういっきゅう)とは?

1979年11月4日に大阪球場で行われたプロ野球日本シリーズ第7戦、近鉄バファローズ(以下近鉄)対広島東洋カープ(以下広島)の9回裏の攻防である。
両チーム3勝3敗で迎えた第7戦は、小雨が降る中で試合が進み、7回表を終了した時点で4対3と広島がリードしていた。

広島・古葉竹識監督は万全を期すため、絶対的なリリーフエース、江夏豊を7回裏からマウンドへ送っていた。

迎えた9回裏、近鉄の攻撃。この回を抑えれば広島は優勝、球団史上初の日本一となる。

ところが、同じく初の日本一を目指す近鉄もただでは終わらなかった。

先頭の6番打者・羽田耕一が初球に安打を放って出塁し、にわかに場面は緊迫する。

以下は、この回に江夏が投じた全21球とそれに伴う試合の様子である。
引用:【江夏の21球 – Wikipedia】より
http://ja.wikipedia.org/…/%E6%B1%9F%E5%A4%8F%E3%81%AE21%E7%…

b6f2efad

a11

お気軽にお問い合わせください TEL 070-5673-9472 受付時間 13:00 - 23:00 [ 日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

江夏の21球(1979年)- YouTube

  • facebook
  • twitter

広島ランチ交流会・異業種交流会

広島ランチ交流会・異業種交流会

動画広告工房

動画広告工房・(有)関西商事

ワードプレスでホームページ作成代行

ワードプレスでホームページ作成代行・お問合せ

スポンサーリンク

PAGETOP